今野東の出身高校

今野東 アナウンサー

今野 東(こんの あずま、本名:今野 東吾(こんの とうご)、1947年12月17日 - 2013年4月24日)は、日本の政治家。宮城県塩竈市出身。民主党所属。衆議院議員(2期)、参議院議員(1期)内閣府副大臣、復興副大臣などを歴任。

宮城県農業高等学校、明治学院大学社会学部第二社会学科を卒業。

東北放送の関連会社でアナウンス業務を務めた後、フリーアナウンサーに転向。東日本放送の『トーホク独立TV』や仙台放送の『CATCH』のキャスター等を務めた。1997年には「東方落語民話寄席」を発足させ、家元として活動。

1992年6月、エスエル出版より小説『相澤村れんげ条例』を出版し、日本文芸大賞現代文学新人賞受賞。

難民支援基金理事長を務めた。

2000年6月25日の第42回衆議院議員総選挙において、民主党公認で宮城1区に出馬し、元環境庁長官・愛知和男を破り初当選した(1区現象)。同年、民主党代表の鳩山由紀夫が2年以内に憲法改正の方向性を打ち出す意向を表明したことに反発した鉢呂吉雄が、政治グループ二十一世紀の民主党を考える会を発起させると、これに参加。

2003年11月9日の第43回衆議院議員総選挙で再選されたが、今野及び宮城2区で当選した鎌田さゆりを支援していたNTT労働組合の幹部らが、公職選挙法において連座制の適用対象となる利害誘導罪で逮捕・起訴される不祥事が発生し、連座制適用となる判決を機に2005年4月28日議員辞職した。

2007年の第21回参議院議員通常選挙において民主党公認で比例区より出馬し、11万1457票を獲得し15位で当選。2年ぶりに国政に復帰。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、自らの後継である郡和子が小選挙区で初めて選出され(初挑戦だった前回は比例復活)、今野が万歳の音頭を取った。

同年10月、民主党副幹事長に就任。

2011年9月、参議院懲罰委員長に就任するも、12月に行われた参議院本会議での原子力協定の造反により、党執行部に辞表を提出。

2012年10月、野田第3次改造内閣で復興副大臣兼内閣府副大臣に就任。

同年、次期総選挙に宮城2区の党公認候補として擁立されることが決定。前回の第45回総選挙で当選した斎藤恭紀が離党(除籍)、新党きづな(国民の生活が第一を経て日本未来の党)へ移籍したため、後任支部長に就任した。

同年12月4日、第46回衆議院議員総選挙に立候補したことに伴い、公職選挙法の規定により参議院議員を失職した。同16日、比例復活もならず落選。

総選挙からわずか4か月後の2013年4月24日、午前0時32分に間質性肺炎のため、仙台市青葉区内の病院で死去。65歳没。従四位。旭日重光章。

今野東の出身高校

今野東出身高校
農業高校 偏差値 宮城県高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
1779位 / 1802人中 アナウンサー別偏差値ランキング

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング