人見武雄の出身高校

人見武雄出身高校
膳所高校 偏差値
滋賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1935年1月5日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

人見 武雄(ひとみ たけお、1935年1月5日 - )は、滋賀県出身の元プロ野球選手。ポジションは三塁手。

大津東高(現膳所高校)から1953年に日本大学へ進学。東都大学リーグでは在学中に5度優勝。1年生の春季リーグからレギュラーとなる。リーグ通算98試合出場、364打数101安打、打率.277、3本塁打。1955年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で明大の秋山登投手に完封され準優勝。翌1956年の同大会でも、同じく決勝で関大の村山実投手に抑えられ準優勝に終わった。大学同期に島津四郎投手(熊谷組)、江崎照雄投手、畠中良雄二塁手(阪急)がいる。

畠中とともに1957年に阪急ブレーブスへ入団。1年目から91試合に出場、2年目には増田浩に代りレギュラー三塁手となる。1960年には初めて規定打席(打率.270、14位)に達した。1961年には石井晶が三塁手に起用されたため、内野全般をこなすユーティリティプレーヤーとして活躍するが、翌年から出場機会が減少。1964年に引退した。

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング