井石礼司の出身高校

井石礼司出身高校
天王寺高校 偏差値
大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
7位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1942年9月5日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

井石 礼司(いいし れいじ、1942年9月5日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手。左投左打で、ポジションは外野手。

中学時代は野球部と陸上部を兼任していた。天王寺高校を経て慶應義塾大学に進学する。慶應大学では2年秋にベンチ入りし、3年秋からレギュラーとなる。東京六大学リーグでは在学中に3度の優勝を経験、同期のエース渡辺泰輔を擁し、1963年の全日本大学野球選手権大会でも優勝している。リーグ通算28試合出場、89打数31安打、打率.348、0本塁打、8打点。ベストナイン2回(外野手)。3年秋は規定打席に1打席足りず、首位打者を逃している。大学同期に渡辺と佐藤元彦がいる。

1964年の秋季リーグ直前に週刊誌に「プロとの二重契約の疑い」と書かれ、その影響でリーグ戦中に退部届を提出、卒業後に東京オリオンズと契約し入団。1965年、1年目の開幕戦から右翼手、五番打者として先発出場、同年はレギュラーに定着するが打率は1割台にとどまる。1966年には規定打席には届かなかったものの打率.256、本塁打10本の記録を残し、7試合に四番打者として起用されるなど将来の主力打者として期待された。しかし翌年はやや伸び悩み、1968年には、アルトマン、ロペスが加入して外野の層が厚くなったため、その後は主に代打として起用される。1970年には調子が上がらず、わずか4安打に終わったが、巨人との日本シリーズでは2本塁打を放ち、このシリーズの敢闘賞に輝いた。

1972年に広島東洋カープにトレードで移籍するが、結果は残せずに1973年限りで引退した。引退後はゴルフショップ「ゴルフプラザ72」に勤務した。

1966年の近鉄戦でプロ野球通算20000号本塁打のメモリアルアーチを放っている(この記念弾にはエピソードあり。下記参照)。一時黒柳徹子の義弟(妹婿)であった。

球界引退から12年後の1985年、井石は1966年に達成した日本プロ野球通算20,000号本塁打の連盟表彰を受けた。これは野球体育博物館(現・野球殿堂博物館)における再調査の際、これまでの通算本塁打が1本余分に算出されていたことが発覚したために(そのため井石の記念弾は20,001号ということになっていた)、表彰をし直す運びとなり、同年プロ野球通算50,000号本塁打を達成した近鉄・仲根政裕共々表彰を受けている。井石は当時「(自分の名前を再び球界に呼びおこした)仲根君に足を向けて寝られない」と苦笑していたが、井石よりも一回り下であったその仲根の早すぎる訃報(1995年没、享年40)を聞いた際、人目もはばからず号泣した、と伝えられている。

井石礼司の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

井石礼司の評判・つぶやき


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング