井上親一郎の出身高校

井上親一郎 プロ野球選手

井上親一郎出身高校
米子東高校 偏差値 鳥取県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
450位 / 4783人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1918年9月8日生まれ

井上 親一郎(いのうえ しんいちろう、1918年9月8日 - )は、鳥取県米子市出身の元プロ野球選手、高校野球監督。右投右打で、ポジションは捕手。

米子中では5年次の1935年の甲子園に捕手として春夏連続出場したが、いずれも初戦敗退に終わる。中学時代バッテリーを組んでいたのが清水秀雄である。 卒業後慶應義塾大学野球部では、東京六大学で何度か首位打者争いを展開した。大学時代は中学の後輩である成田啓二の球を受けた。リーグ通算61試合出場、190打数45安打、打率.237、1本塁打。

卒業後は帝王鉱業開発、大阪鉄道管理局とノンプロでプレー。終戦後は、1947年のみ母校・米子中で監督を務めた後、地元の米子鉄道管理局へ。

そして1950年、国鉄球団結成に伴って入団、初代主将を務めた。すでにベテランの域であり、代打で登場することが多かった。また、若き金田正一の上達を助けた。

引退後は高校野球解説者として地元でテレビ、ラジオに登場、わかりやすい解説で親しまれた。

井上親一郎の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング