五代友厚の出身高校

五代友厚 実業家

五代 友厚(ごだい ともあつ、天保6年12月26日 (旧暦) 12月26日(1836年2月12日) - 明治18年(1885年)9月25日)は、幕末から明治維新にかけて活躍した人物。薩摩国鹿児島郡長田町(鶴丸城下、現鹿児島市長田町)生まれ。幼名は徳助。通称才助。薩摩藩藩士として長崎海軍伝習所に学ぶ。海外視察のため上海に密航もした。欧州視察後、1868年に明治新政府の参与職外国事務掛となり、外国官権判事、大阪府権判事兼任として大阪に赴任し、堺事件などの外交処理にあたった。また、大阪に造幣寮(現・造幣局)を誘致した。1869年の退官後、金銀分析所などを設立し、鉱山経営、紡績、製藍業などをはじめ実業家として道を歩む。薩長藩閥政府との結びつきが強く、1875年に大久保利通、木戸孝允、板垣退助らが料亭に集って意見の交換を行った「大阪会議」や、黒田清隆が批判を浴びた開拓使官有物払下げ事件(参照:明治十四年の政変)にも関わり、政商といわれた。

五代友厚の出身高校

五代友厚出身高校
大阪市立大阪ビジネスフロンティア高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
実業家ランキング
244位 / 412人中 実業家別偏差値ランキング
性別
男性

五代友厚の関連人物

実業家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


五代友厚の関連著書

実業家一覧

実業家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング