二反長半の出身高校 作家

二反長 半(にたんおさ なかば、1907年11月20日 - 1977年7月5日)は日本の小説家・児童文学作家。

大阪府茨木市出身。本名は二反長半二郎(にたんちょう はんじろう)で、父の音蔵は「日本のアヘン王」と呼ばれた製薬業者だった。

府立茨木中から法政大学に進み高等女学校の教師となるが、中学時代の同窓だった川端康成と大宅壮一への憧れから文筆業に転じる。

その後、寄稿していた少年雑誌の編集者の薦めで児童文学を手がけるようになり、1939年に川端・大宅・井伏鱒二・宇野浩二・小川未明・坪田譲治・豊島与志雄・村野四郎と少年文芸懇話会を結成。『少年文学』を発行し、戦時中の厳しい世相の下で児童文学の創作を続けた。小学館児童文化賞受賞。

その後、日本児童文芸家協会常任理事や日本児童ペンクラブ会長を歴任。また、少年文芸懇話会の時代から戸田城聖と懇意であった関係で創価学会とも関わりを持ち、池田大作に児童文学の創作を勧めたとも言われる。また、自身も『若き日の池田大作』(集英社)という池田礼賛本を書いている。

二反長半の出身高校

二反長半出身高校
茨木高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
作家ランキング
10位 / 人中 作家別偏差値ランキング
生年月日
1907年11月20日生まれ

二反長半の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


作家一覧

作家偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)

高校偏差値ランキング
大学偏差値ランキング
企業年収ランキング


お問い合わせ 2017-2017 高校偏差値ナビ © All rights reserved.