乙川優三郎の出身高校

乙川優三郎

乙川優三郎 作家

乙川 優三郎(おとかわ ゆうざぶろう、1953年2月17日-)は日本の小説家。本名島田 豊。東京都生まれ。生後すぐに千葉県に移る。千葉県立国府台高等学校卒。ホテル・観光業の専門学校卒業後、国内外のホテルに勤務。会社経営や機械翻訳の下請を経て、作家になる。この間に、酔った勢いで書いた小説が最終選考に残ったことから小説を書き始めた、という逸話がある。時代小説を数多く書き、好きな作家に山本周五郎を挙げている。 1996年 『藪燕』で第76回オール読物新人賞 1997年 『霧の橋』で第7回時代小説大賞 2001年 『五年の梅』で第14回山本周五郎賞 2002年 『生きる』で第127回直木賞

乙川優三郎の出身高校

乙川優三郎出身高校
国府台高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
作家ランキング
440位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1953年2月17日生まれ

乙川優三郎の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

乙川優三郎の評判・つぶやき

  • t-kawazu

    t-kawazu 3年前

    本日の読書(・∀・)乙川 優三郎「脊梁山脈」では、至高の読書タイム、スタート! "
  • 波-E magazine Nami-

    波-E magazine Nami- 3年前

    乙川優三郎著『脊梁山脈』の評者は三浦しをんさん!/国家と人間、繁栄と文化を問う物語(波2013年5月号)"
  • 伍代杉太郎

    伍代杉太郎 3年前

    乙川優三郎さんの新刊『ロゴスの市』徳間書店を読む。年越し読了になったが、素晴らしい小説だね。大学同級の男は米文芸翻訳家、女は英語同時通訳者と、共に苦難の道を目指す二人の友情的で恋愛的な人生交錯を、濃密で理知的に描いて、感動的な一冊でした。"
  • 無題

    無題 3年前

    乙川優三郎"
  • ジロさん@名古屋16話(ゴロウ)

    ジロさん@名古屋16話(ゴロウ) 3年前

    #2015年の本ベスト約10冊 その1石橋毅史『口笛を吹きながら本を売る 柴田信、最終授業』(晶文社)大島真寿美『空に牡丹』(小学館)王城夕紀『マレ・サカチのたったひとつの贈物』(中央公論新社)乙川優三郎『ロゴスの市』(徳間書店)北野新太『透明の棋士』(ミシマ社)"

乙川優三郎の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング