久和ひとみの出身高校

久和ひとみ アナウンサー

久和 ひとみ(くわ ひとみ、1960年9月25日 - 2001年3月1日)は、日本のニュースキャスター。趣味、特技はクラシック音楽、相撲観戦。夫はテレビ朝日ディレクターの小林雄高。

東京都武蔵野市出身。東京都立国立高等学校卒業後、一浪し東京大学を志すも失敗。1980年、早稲田大学政治経済学部政治学科入学。

東京の民放キー局受験に失敗したこともあり、1984年に早大卒業後は、テレビ朝日の『CNNデイウォッチ』初代キャスターとなった。その後、『モーニングショー』にもリポーターとして出演。その後、テレビ朝日での経歴を買われ、1989年4月、TBSと契約。荒川強啓とともに、ローカルニュース『テレポート6』キャスターとして起用された。番組は久和登場後1年で終了し、『JNNニュースコープ』と統合されて『JNNニュースの森』となったが、引き続きメインキャスターを務めた(荒川は1993年春に降板し、パートナーは杉尾秀哉に交代)。

1996年3月、『ニュースの森』出演が6年にわたったこともあり、リニューアルを機に降板、渡米。コロンビア大学に留学し、研究を重ねた。帰国後、政治・経済面に強いキャスターとして、1999年10月にテレビ東京の『TXNニュースアイ』のメインキャスターに起用された。この『ニュースアイ』のタイトルは彼女の名前「ひとみ」(eye)に因んだものである。

2000年10月、体調不良を理由に、『ニュースアイ』を降板。子宮癌の手術を受けた。その後も治療に専念するも、2001年2月、肝臓への癌転移が発見され、同3月1日、急性肝不全で死去。40歳という若さだった。久和の若すぎる死は当日の番組の冒頭で伝えられ、その際に癌にかかっていたことが初めて明かされた。戒名は釋尼妙聲。

久和の一周忌である2002年3月1日、久和の遺産の一部を基金として、マスコミ関係の職務経験がある女性を対象とした奨学金「久和ひとみスカラシップ」が設立された。2004年までに計4人を留学生として送り出し、一旦解散した。その後、2008年に選考委員長を務めていた筑紫哲也が死去したが、筑紫の遺族の申し出により香典が寄付され、2009年11月に「久和ひとみ・筑紫哲也スカラシップ」として1人限りの募集を再開している。

久和の降板後は、残った2人で1年近く番組を進行していた。

久和ひとみの出身高校

久和ひとみ出身高校
東京都立国立高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
119位 / 1802人中 アナウンサー別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1960年9月25日生まれ

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング