丸山良明の出身高校

丸山良明 サッカー選手

丸山 良明(まるやま よしあき、1974年10月12日 - )は東京都町田市出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー。

帝京高校出身で2年生時に全国高等学校サッカー選手権大会で優勝、3年生時には主将を務めた。早稲田大学進学後も、4年生時に主将として関東大学リーグ優勝に貢献した。

大学卒業後、1997年に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)へ加入。シーズン序盤に行われたヤマザキナビスコカップ予選では、日本代表招集のため井原正巳と小村徳男が不在だったこともあり、全試合に出場した。しかしリーグ戦ではなかなか出番を得られなかったが、FIFAワールドカップアジア最終予選の突然のレギュレーション変更に伴い、井原と小村が長期間チームを離脱したため、終盤に出場機会を増やした。しかし翌年以降は出場機会が減少し、2000年にモンテディオ山形へ期限付き移籍。山形では中心選手として活躍したもののチームは低迷した。翌年に横浜へ復帰したが同年限りで契約非更新となった。

2002年にアルビレックス新潟へ加入。中心選手として活躍し、2003年には副主将となりリーグ戦全試合にフル出場しチームのJ2優勝及びJ1昇格に貢献した。2004年以降も中心選手として活躍したが怪我が多くなり、2005年限りで契約非更新となった。新潟退団後は怪我の手術をし、リハビリをしながらJリーグ復帰に向けて調整を続けた。

2006年途中からベガルタ仙台の練習に参加し、7月より正式にチームに加入。怪我で離脱した時期を除けば、先発出場する機会が多かった。しかし翌年は更に怪我での離脱が増え、同年限りで契約非更新となった。

2008年に北信越フットボールリーグのAC長野パルセイロに加入。リーグ戦全試合に先発出場しチームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献したものの、11月に行われた全国地域リーグ決勝大会で敗退。同年12月に契約非更新が発表された。

2009年にタイ・プレミアリーグ・チョンブリーFCへ加入。

2010年にタイ・プレミアリーグ・タイ・ポートFCへ期限付き移籍した。2011年限りで現役を引退。引退後もタイに留まり、バンコク・グラスFCの育成コーチとして活動。。2014年よりバンコク・グラスFC傘下でリージョナルリーグ・ディヴィジョン2(実質3部)に所属するランシットFCの監督に就任した。

2012年6月5日、Jリーグのアジア戦略の一環として創設された「Jリーグ・アジアアンバサダー」に、木場昌雄とともに就任。

丸山良明の出身高校

丸山良明出身高校
帝京高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
795位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1974年10月12日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング