中谷進之介の出身高校

中谷進之介出身高校
柏中央高校 偏差値
千葉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
409位/815人中(プロサッカー選手)
性別
男性
生年月日
1996年3月24日生まれ
プロサッカー選手別偏差値ランキングを見る

中谷 進之介(なかたに しんのすけ、1996年3月24日 - )は、千葉県佐倉市出身のプロサッカー選手。Jリーグ ディビジョン1、柏レイソル所属。U-22日本代表。ポジションはディフェンダー。

佐倉市立西志津小学校4年生、9歳の時に間野台サッカークラブから柏レイソルの下部組織に加入。柏レイソルU-18に昇格した2011年、U-15日本代表に初選出され、AFC U-16選手権2012 (予選)に出場した。

2012年にはチーム唯一の2年生レギュラーとして第36回日本クラブユースサッカー選手権を勝ち抜き、クラブ史上初の優勝を達成。イランで開催されたAFC U-16選手権ではアンカーのポジションで2試合に出場し、日本代表の準優勝に貢献した。

ユース最終学年の2013年は、柏U-18の主将に就任。7月にはトップチームに2種登録され、ナビスコカップ決勝にもベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

2014年、トップチームに昇格。同年発足したJ3リーグに参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録され、3月30日、J3第4節ブラウブリッツ秋田戦で公式戦初出場を果たした。10月に開催されたAFC U-19選手権では、センターバックのポジションで全試合にフル出場。初戦を落とし後がない状況で迎えたグループリーグ第2節ベトナム戦の後半アディショナルタイムに劇的な勝ち越しゴールを挙げ、「死の組」と言われたグループCの首位通過に貢献したが、準々決勝北朝鮮戦でPK戦の末敗退し、2015 FIFA U-20ワールドカップの出場権は獲得出来なかった。同大会の遠征から帰国後の10月22日、J1第29節ガンバ大阪戦でトップチームデビューを果たすと、第31節徳島ヴォルティス戦から4試合連続でスターティングメンバーに抜擢され、シーズン終盤の7連勝に貢献した。

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング