中西勝己の出身高校

中西勝己 プロ野球選手

中西 勝己(なかにし かつみ、本名:中西 勝彦(なかにし かつひこ)、1935年4月6日 - 2009年3月29日)は、大阪府出身のプロ野球選手(投手)。

コーチ時代には「邦之」(くにゆき)と登録名を改名していた時期がある。

市岡高校から関西大へ進学。2年秋まで関西六大学リーグで通算23試合に登板し10勝3敗。1956年に大学を中退して毎日オリオンズに入団。デビュー戦でいきなり新人で初先発し初完封勝利。この年は8勝ながら5度の完封勝利を記録している。翌年は小野正一に次ぐ29試合に先発し13勝。1959年にも12勝、1960年には自己最高の16勝をあげる。

大洋ホエールズとの1960年の日本シリーズでは第1戦に先発、完投するが0-1で惜敗。第3戦では同点の9回に登板するが、近藤昭仁に決勝本塁打を喫する。第4戦では7回からリリーフに立ち、以降を無失点に抑えるが、この試合も0-1で敗れ、日本一はならなかった。

1965年に引退後は、ロッテ(1971年~1973年)、近鉄(1974年~1985年)、南海・ダイエー(1986年~1990年)で投手コーチを努めた。

2009年3月29日22時5分、胃がんのため死去。73歳没。

中西勝己の出身高校

中西勝己出身高校
市岡高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性

中西勝己の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング