中澤聡太の出身高校

中澤聡太

中澤聡太 プロサッカー選手

中澤 聡太(なかざわ そうた、1982年10月26日 - )は、東京都三鷹市出身のプロサッカー選手。Jリーグ ディビジョン2・セレッソ大阪所属。ポジションはディフェンダー。(センターバック)。妻はタレントの金田美香。

東京都三鷹市に生まれ、物心つく前に引っ越した埼玉県朝霞市で育つ。中学生時には浦和レッズジュニアユースに加入し、3年時にはユースへの昇格が確実視されていたが 同年の高円宮杯で浦和ユースが東福岡高校に大敗したことから高校サッカーに臨むことを決め、1998年にトレセンで知り合った西紀寛 が在学する市立船橋高校へ進学。2年生時には羽田憲司とセンターバックを組んで高校選手権に出場。6試合無失点の堅守で勝ち上がり、決勝の鹿児島実業戦では永井俊太のコーナーキックに高い打点のヘディングを合わせて決勝点を挙げ、優勝を果たした。高校の同期には永井、本橋卓巳、植草裕樹らがいる。3年生時には強化指定選手として柏レイソルに登録された。

2001年、西野朗監督率いる柏レイソルに入団。同年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権では3試合に先発出場した。しかし、クラブでは3度の骨折など 負傷が重なったこともあって試合に出られずにいた。2005年には早野宏史監督の下で出場機会を得るが、翌2006年はJ2に降格したチームの中でも出番が与えられず、シーズン途中の6月に志願してFC東京に期限付き移籍。負傷した茂庭照幸に代わってベンチ入りするようになったが、初の先発出場となった第25節新潟戦でPKを献上してしまい 2試合の出場にとどまった。

2007年、西野が監督を務めるガンバ大阪に期限付き移籍。西野からの期待は大きく2008年には完全移籍で加入し、新加入の水本裕貴やミネイロらを押しのけて自身初めてシーズンを通してのレギュラーの座を掴み、ACLや天皇杯などのタイトル獲得に貢献。ファン選出の同年度MVPを受賞した。

2009年は開幕から新加入のパク・ドンヒョクにポジションを譲るも、第8節FC東京戦以降は再びスターティングメンバーとして起用された。同年6月21日、金田美香との入籍を発表。2010年1月9日、金田の26歳の誕生日に挙式・披露宴を行った。同年10月3日、第一子となる長女が誕生した。同年7月、J1第13節浦和戦でJリーグ100試合出場を記録。12月の天皇杯準々決勝・浦和戦では相手チームの選手と接触し負傷。「左精巣損傷」と診断された。2011年はDFながら5得点を挙げるなど攻撃面では精彩を放つも、守備面では安定感を欠いた。2012年は7月に左腓骨遠位端骨折により4か月の戦線離脱を余儀なくされ、リーグ戦出場は18試合に留まり、クラブもJ2降格を喫した。

2013年、川崎フロンターレへ完全移籍。怪我の完治が遅れ、戦術に適応しきれないまま開幕を迎えたため、第3節鳥栖戦では5失点で大敗。シーズン半ばにかけて徐々に復調したが、8月以降はDFジェシの復帰によって先発から外れた。

2015年1月7日にセレッソ大阪へ期限付き移籍することが発表された。

その他の公式戦

中澤聡太の出身高校

中澤聡太出身高校
船橋市立船橋高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
530位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1982年10月26日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング