中河美芳の出身高校

中河美芳 プロ野球選手

中河 美芳(なかがわ みよし、 1920年2月22日 - 1944年7月12日)は、鳥取県鳥取市出身のプロ野球選手(一塁手、投手)である。

旧制鳥取第一中学校で夏の甲子園に2回出場。

1937年に旧制関西大学へ進学するが、同年8月に中退してイーグルスに入団。4番打者として一塁手と投手を兼任し、1938年秋のシーズンには防御率1.98でリーグ3位、1939年には打率.282でリーグ8位を記録するなど、層の薄いチームにあって投打の中心として活躍。内野手から送球を受ける際、地面に着くほど両足を前後に大きく広げ、どんな球にも吸い付くように捕球する完璧な一塁の守備は「タコ足」「タコの中河」と呼ばれ、それを見るために球場に足を運ぶファンが多かったと言われている。

投手としては1941年6月22日の対名古屋軍戦で石原繁三との継投ノーヒットノーランを記録したこともあるが、この年のシーズンを最後に応召。1944年にルソン島沖で戦死した。1986年に野球殿堂入り。

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

内野手がゴロを捕るとスタンドから「悪送球しろ!」というヤジが飛び、正しく送球されるとブーイングが起こったほど、一塁守備の技量に優れた名手だった。球が収まりやすいように、ミットの親指と人差し指の間を網状に加工しており、その流れは現在のファーストミットに受け継がれている。伊東一雄は小学生時代に憧れたプロ野球選手として名を出している。「後年、大リーグの上手い一塁手をかなり目にしたが、中河の方がずっと上手かった、と今でも思っている」と述べている。ショートバウンド捕球では内野手からの送球に対し、右手のファーストミットをバーンと地べたに叩き付ける。送球を後逸したかのようなフリをして後ろを向く。ところが球はしっかりと網に引っ掛かるというような芸当も見せていた。

中河美芳の出身高校

中河美芳出身高校
鳥取西高校 偏差値 鳥取県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
805位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング