中林洋次の出身高校

中林洋次

中林洋次 サッカー選手

中林洋次(なかばやし ひろつぐ、1986年4月28日 - )は、日本のプロサッカー選手。神奈川県横浜市出身。Jリーグ・ファジアーノ岡山所属。ポジションはゴールキーパー。船橋市立船橋高等学校卒業。

高い身体能力からの抜群の反射神経と、積極的な飛び出しでゴールを守る。

横浜F・マリノスジュニアユース菅田 出身。一つ下の後輩に秋元陽太や鈴木雄太がいる。

2002年、市立船橋高校に入学、同期に渡辺広大等がいる。2年時には佐藤優也の前に試合出場は叶わなかったが、3年時にはレギュラーを獲得、高校選手権決勝戦対鹿児島実業は0-0のままPK戦にもつれ込み、中林もPKを止める活躍を見せたが2-4で敗れた。この活躍から大会優秀選手に選ばれた。

2005年にサガン鳥栖に入団。同期に長谷川豊喜、鈴木孝明。同年には、シュナイダー潤之介の控えとして1年目からベンチ入りし、2試合に出場した。翌2006年、高校時代の古傷である左手首の一部が偽関節にまでなってしまったため手術を決行、シーズンをリハビリで棒に振る。2007年、日野優の移籍に伴いGK不足となったガンバ大阪への期限付き移籍が決まったが、メディカルチェックにより古傷の左手首の負傷が完治していないと判断され、移籍が破談になった。同年、プロB契約選手 として引き続き鳥栖に在籍。春先に左手首の再手術を行い半年リハビリに費やし完治、その後は赤星拓の怪我により出場機会が得られるものの満足な出来ではなかった。

2008年、GKに故障者が続出していたサンフレッチェ広島に期限付き移籍。同年は出場機会が無かったものの、2009年もレンタル期間を延長して広島に残留。同年は下田崇および佐藤昭大の怪我による長期離脱に伴い正GKとして定着し、チームの4位躍進に貢献した。2010年に、広島に完全移籍 し、プロA契約選手に移行した。しかしその後、大分トリニータから西川周作が加入し控えとなり、リーグ戦では33試合にベンチ入りしたものの出場機会は無かった。西川が日本代表招集により不在となった試合は先発出場しており、10月10日のナビスコカップ準決勝第2戦対清水エスパルス戦では相手の攻撃を1失点に抑え、チームの決勝進出に貢献した。2011年も西川の控えを務めた。

2012年、即戦力GKを探していたファジアーノ岡山に完全移籍した。移籍後は真子秀徳からポジションを奪うと、リーグ戦全42試合にフル出場。安定した守りを披露し、チームのJ2昇格後初の1桁順位(8位)に貢献した。

中林洋次の出身高校

中林洋次出身高校
船橋市立船橋高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1236位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年4月28日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング