中村彝の出身高校

中村彝

中村彝 芸術家

中村彝(なかむら つね、 1887年7月3日 - 1924年12月24日)は、大正期の洋画家。明治20年(1887)現在の水戸市に生まれる。男3人女2人の5人兄弟の末子であったが、兄2人と姉1人は彝が十代の時に相次いで亡くなる。父は彝が生まれた翌年に没しており、母も彝が11歳(満年齢、以下同)の時に没した。明治40(1907)年、祖母が死に、唯一生き残った2番目の姉が嫁いでからは天涯孤独の身となり、一人暮らしを余儀なくされる。彝自身も結核を病み、療養のため学校(陸軍中央幼年学校)を中退した。明治38年(1905)、18歳の時、転地療養のため千葉県北条湊に赴き、この地で水彩スケッチを始めた。翌年から白馬会研究所、次いで太平洋画会研究所で洋画の勉強をするが、その間にも千葉県などへ転地療養を繰り返している。明治42年(1909)第3回文展に初入選。翌明治43年(1910)には第4回文展で『海辺の村』が3等賞となり、この作品は実業家今村繁三が購入する。明治44年(1911)、新宿・中村屋の主人・相馬愛蔵夫妻の厚意で、中村屋の裏にある画室に住むことになる。相馬夫妻は、彫刻家・荻原守衛(おぎわらもりえ)や中原悌二郎をはじめ多くの芸術家を支援していた。大正2~3年(1913-1914)にかけての彝の作品には相馬家の長女・俊子をモデルにした裸婦像が数点あり、2人の親密な関係が伺われる。彝は、俊子に求婚するが反対され、この失恋が元で煩悶することになる。

中村彝の出身高校

中村彝出身高校
早稲田高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
芸術家ランキング
23位 / 327人中 芸術家別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1887年7月3日生まれ

中村彝の関連人物

芸術家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

中村彝の評判・つぶやき

  • kumako

    kumako 2年前

    @itamekun イタメくん、おはよう(o^^o)中村彝(なかむらつね)さんが好き。あとエルグレコ!"
  • 中村彝

    中村彝 2年前

    ◆「中村屋サロン 第2回 中村彝」(株式会社中村屋) "
  • まいこりーな。

    まいこりーな。 2年前

    今日、久しぶりのオフだったらいつものように美術館へ〜で、大○美術館展行ったけど、日○洋画物故とても良い作品揃いだったよ。中村彝さんの亡くなるちょっと前の自画像見れたのが。 "
  • 中村彝

    中村彝 2年前

    中村彝 新潮日本美術文庫37』(新潮社) "
  • 中村彝

    中村彝 2年前

    ◆「三重県立美術館所蔵の中村彝」 毛利伊知郎 "
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

中村彝の関連著書

芸術家一覧

芸術家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング