中村公治の出身高校

中村公治 プロ野球選手

中村 公治(なかむら こうじ、1981年5月6日 - )は、兵庫県明石市出身の元プロ野球選手(外野手)。

愛称は「コーちゃん」「デビルマン」「ハム」など。

滝川第二高校では福沢卓宏(元・中日)らとともに、高校3年時の春夏と甲子園に出場している。夏の甲子園1回戦では後に中日に1位指名され、後の同僚でもある東邦高等学校の朝倉健太からサヨナラ打を放っている。卒業後は東北福祉大学に進学し、外野手に転向して主将としてチームを引っ張った。

その後、2003年のドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名されて入団。背番号は25。

2004年、就任したばかりの落合博満監督からルーキーながら「右の4番候補」として期待され、6月中旬に一軍昇格。6月12日の対ヤクルト戦では初出場初スタメン(6番・左翼手)で初安打(二塁打)を放ち、6月16日での広島戦では延長10回表に決勝打となる2点タイムリーも放った。

2005年は二軍で打率.292、7本塁打をマークし、長打力をアピールした。2006年も二軍で打率.283を記録している。オフに新たに入団した新井良太が背番号25を付けることになったため、56に変更した。

2007年シーズンは、6月14日の対楽天戦で、試合前怪我をしたタイロン・ウッズの代わりにスタメン入り、更に4番に抜擢され、第一打席ではタイムリーヒットを放った。この起用からも、彼に対する落合監督の期待の高さが表れている。だが、その後は初球を振りにいかないなど積極性が見られなかったこともあり、一軍定着には到らなかった。ポストシーズンでは外野手の離脱等もあり、出場機会こそ多くないものの一軍定着を果たした。

2008年は2軍で10本塁打を打つなど活躍したが、一軍での出番は一打席のみに終わった。

2009年は5月に1度だけ出場選手登録されたものの、一度も試合に出ること無く抹消され、そのまま一軍に上がることが出来ず、11月2日に球団から戦力外通告を受けた。一度は引退を決意したものの妻の説得を受け、12球団合同トライアウトに参加。「これで駄目なら潔く引退する」と決意してトライアウトに臨んだ。しかし5打席無安打3三振という結果に終わり、どこの球団からも誘いが無く、結局引退することになった。

引退後は一般企業に就職し、自ら会社を起業する事も視野に入れているという。

長打力のある大型外野手で、将来の主軸打者を期待されていた。50m6秒0の俊足も魅力である。

2005年以降は守備の時だけゴーグルを着用する場面も見られるが、右目の深視力(遠近感)がずれているためである。

中村公治の出身高校

中村公治出身高校
滝川第二高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
671位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1981年5月6日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング