中山元気の出身高校

中山元気 サッカー選手

中山 元気(なかやま げんき、1981年9月15日 - )は、山口県下関市出身のサッカー指導者、元選手(FW)。

Jリーグ・レノファ山口FCトップチームコーチ兼U-18監督。

下関市立桜山小学校2年からサッカーを始め、4年生から試合に出始める。

高校時代は多々良学園へ進学。高校1年生から試合に出始め、高1の時は横山聡と2トップを組み活躍し、高松大樹は同級生だが高松は当時DF登録だった。1999年には同高初のインターハイベスト4入りに貢献した。

2000年、サンフレッチェ広島へ入団、同期入団は森崎和幸・森崎浩司兄弟・駒野友一・松下裕樹・山形恭平・八田康介。しかし、同年3月に右膝前十字靭帯を断裂、復帰後2002年に今度は左足の靭帯を痛め(部分断裂)、再びリハビリに日々を費やす。2003年夏頃に復帰、広島のJ1昇格に貢献した。

2005年、出場機会を求めてコンサドーレ札幌へ移籍。翌2006年はフッキが加入し相川進也や石井謙伍が活躍したこともあって出場機会が減少した。しかし、2007年に三浦俊也監督が就任すると、前線での献身的なプレスが評価され主力として活躍、同年度J1昇格に貢献した。2009年戦力外通告を受けた。

2010年、湘南ベルマーレへ移籍する。同年5月26日対ジュビロ磐田戦にて左膝前十字靭帯を断裂しシーズンを棒に振ることとなり、同年末に戦力外通告を受けた。

2011年、地元である山口県を本拠地とするレノファ山口FCへ移籍。

2012年シーズン終了後に現役引退し、2013年からレノファ山口FCの監督に就任する。同シーズンの全社ではクラブ初の優勝に導いたものの、中国サッカーリーグ3位・地域決勝グループリーグ敗退に終わった。そこへ同年末のJ3創設と鹿児島ユナイテッドFC創設などに伴い繰り上げで日本フットボールリーグ(JFL)昇格が決定、つまり事実上就任1年で上位カテゴリ昇格に導いた。ただ、JFA A級コーチライセンスを持っていないため日本サッカー協会指導者ライセンスの関係上JFLでの指揮が執れないことから、1年で退任することになった。

2014年、レノファ山口の育成組織にあたるU-18監督に就任する。

中山元気の出身高校

中山元気出身高校
高川学園高校 偏差値 山口県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1347位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1981年9月15日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング