並里成の出身高校

並里成

並里成 スポーツ選手

並里 成(なみざと なりと、1989年8月7日 - )は、日本のプロバスケットボール選手である。ポジションはガード。

沖縄県出身。バスケットボール選手の並里祐は実兄である。コザ中学校から福岡第一高校に進学。

1年時からポイントガードとしてスタメンに選出。ウィンターカップでは強豪の福大大濠高校を下して出場し優勝。1年ながらベスト5に選出され、その類稀な運動能力と度胸溢れるゲームコントロール力が話題となり一気に全国区の注目選手となる。

2年ではその福大大濠に破れてウィンターカップ出場は逃すもののU-18日本代表に選ばれる。3年ではインターハイ、ウィンターカップいずれにも出場。ウィンターカップでは洛南高校に破れ準優勝となるものの2度目のベスト5。インターハイでもベスト4まで進んだ。

本人は福岡第一高に進学した理由を「夢はNBA。その為に1年生の時から試合に出て経験を積めて、セネガル人留学生とコミュニケーションがとれる福岡第一に入学した」と語っており、月刊バスケットボールではプレイスタイル等から並里を「ファンタジスタ」と評した。

高校卒業後はスラムダンク奨学金の第1期生に選ばれ、米国サウスケントスクールに留学した。

帰国後の2009年、リンク栃木ブレックスに加入。JBLでの高卒ルーキーは川村卓也に次いで2人目、平成生まれの選手は史上初となる。

2010-11シーズンは開幕後、二軍の「TGI D-RISE」降格を経験するが、年明けにトップ復帰。

2011年、リンク栃木との契約を満了し、米国挑戦を表明。

その後、bjリーグの競争入札にかけられ、琉球ゴールデンキングスに落札された。そのシーズンはチームの優勝に貢献。

2012年のドラフト対象となったため、沖縄が1巡目で指名。海外挑戦したものの9月17日に沖縄と契約基本合意。

2012-13シーズンが終了し、契約満了とともに退団した。琉球を退団後、NBA入りを目指して渡米した。NBAデベロップメント・リーグドラフト候補に名前があがったものの指名されることなく、同年秋に帰国、その後2014年2月、琉球ゴールデンキングスと再契約を果たした。

1 ディリオン・スニード | 2 澤岻安史 | 5 アンソニー・マクヘンリー(ファイナル4MVP) | 6 金城茂之 | 8 与那嶺翼 | 9 小菅直人 | 11 山城吉超 | 32 山内盛久 | 33 ジャーフロー・ラーカイ | 37 並里成 | 50 ジェフ・ニュートン | コーチ:桶谷大

­2 ドゥレイロン・バーンズ | ­3 並里成 | 4 狩俣昌也 | 5 アンソニー・マクヘンリー(ベスト5) | 6 金城茂之 | 9 小菅直人 | 11 山城吉超 | 14 岸本隆一(ファイナル4MVP・新人賞) | 32 山内盛久 | 40 新城真司 | 50 ジェフ・ニュートン | 54 キブエ・トリム | コーチ:伊佐勉(最優秀コーチ)

並里成の出身高校

並里成出身高校
福岡第一高校 偏差値 福岡県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1368位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
生年月日
1989年8月7日生まれ

並里成の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング