並木輝男の出身高校

並木輝男 プロ野球選手

並木輝男(なみき てるお、1938年11月15日-1988年9月1日)は東京都世田谷区出身の元プロ野球選手。外野手。左投左打。現役時代は左打ちの好打者として活躍した。日本大学第三高等学校 日大三高在学時は投手として活躍。1955年に全国高等学校野球選手権大会出場。翌1956年には選抜高等学校野球大会にも出場し、4番エースとして活躍、チームはベスト8まで勝ち進んだ。高校卒業後は早稲田大学に進学を予定していたが、家庭の事情により1957年に大阪タイガース(現・阪神タイガース)に入団。ルーキーながら98試合に出場、打率は.250。入団当時は内野手だったが、外野手に転向した。その後、チームの主力の金田正泰、後藤次男、田宮謙次郎等が引退などで抜けていく中、1960年には3番中堅手 センターに定着。初のオールスターゲーム (日本プロ野球) オールスターゲームに出場、ベストナインも獲得した。そして自己最高の打率.306という成績を残した。

並木輝男の出身高校

並木輝男出身高校
日本大学第三高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
580位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1938年11月15日生まれ

並木輝男の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング