上本大海の出身高校

上本大海 プロサッカー選手

上本 大海(うえもと たいかい、1982年6月1日 - )は、鹿児島県指宿市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ベガルタ仙台所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。

高校時代は鹿児島実業高校サッカー部で活躍。同期の選手に田原豊や萩原達郎、諏訪園一吉らがおり、2年次の1999年度には全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝を果たした。

高校卒業後の2001年にジュビロ磐田に入団。磐田では出場機会に恵まれず、2005年に大分トリニータに期限付き移籍で加入。移籍当初はプレーの不安定な部分が目立ったが、程なく大分にとって欠かせない選手の一人となった。

2006年より大分に完全移籍した。同年10月7日、J1リーグ第26節の川崎戦で、誤って指輪をつけたままピッチに出てきてしまったため、JFAの規則により主審からイエローカードを提示された。

2008年4月29日に行われたJ1リーグFC東京戦で西村雄一主審から「『死ね!』と暴言を吐かれた」と主張。しかしその後JFAが行った聴き取り調査等で「そのような発言は認められなかった」と見解を発表し、上本本人もこれを受け入れた(詳細は西村雄一#「死ね」発言騒動を参照。)。

2009年、大分のJ2降格が決定、それに加えクラブの深刻な経営難が表面化し、同時に森島康仁の移籍金及び家長昭博のレンタル料未払いの案件も発生し、その移籍金相殺の為に高橋大輔、清武弘嗣と共にセレッソ大阪に完全移籍した。2010年、中盤戦以降FC東京から完全移籍して来た茂庭照幸と共にセンターバックとして定着。J1復帰1年目でのAFCチャンピオンズリーグ進出に貢献した。

2012年よりベガルタ仙台へ完全移籍。2度の大怪我により離脱することになったものの、自身初の優秀選手賞に選出された。2013年にはケガで試合出場は0に終わった。

2014年5月28日、ナビスコカップ第6節のガンバ大阪戦で、後半ロスタイムのみの出場ながらも約1年半ぶりに公式戦復帰を果たすと、8月16日のJ1第20節清水エスパルス戦では、約1年9ヶ月ぶりにJ1リーグ戦出場および公式戦スタメン復帰した。

その他の国際公式戦

上本大海の出身高校

上本大海出身高校
鹿児島実業高校 偏差値 鹿児島県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
120位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1982年6月1日生まれ

上本大海の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング