三益愛子の出身高校

三益愛子 女優

三益 愛子(みます あいこ、1910年(明治43年)11月2日 - 1982年(昭和57年)1月18日)は戦後、母物映画で一世を風靡した日本の女優。本名:川口 愛子(かわぐち・あいこ)、旧姓:乾(いぬい)。大阪府大阪市南区 (大阪市) 南区南炭屋町(現・中央区 (大阪市) 中央区)生まれ。夫は直木賞作家の川口松太郎。川口との間には三男一女があり、俳優の川口浩は長男にあたる。1927年(昭和2年)に大阪府立阿倍野高等学校 大阪府立阿倍野高等女学校を中退し、大阪の劇団『新潮劇』に加入。水町晴子の芸名で初舞台を踏んだ。1929年(昭和4年)に上京。1932年(昭和7年)には松竹専属となった榎本健一の劇団『ピエル・ブリアント』に入りエノケンの相手役として人気を得る。翌年には、古川緑波もいた松竹傘下の喜劇集団『笑いの王国』に招かれ、芸名を三益愛子に変えて看板女優として大活躍した。また、1934年(昭和9年)には太秦発声映画で映画初出演し、その翌年に東宝に入ることとなる。戦前は舞台だけでなく、映画でもコメディエンヌとして大活躍した。

三益愛子の出身高校

三益愛子出身高校
阿倍野高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
女優ランキング
34位 / 73人中 女優別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1910年(明治43年)11月2日生まれ

三益愛子の関連人物

女優偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

三益愛子の評判・つぶやき

  • ヨナヌキbot

    ヨナヌキbot 3年前

    まさに当時の和洋折衷でモダンな世相を曲で如実に表している。歌中の文句には江州音頭にもみられる「ケーケー尽くし」も盛り込まれている。 当世阿呆陀羅お経 三益愛子 (FIESTA+文句): "
  • 岩瀬 聡 Satoshi Iwase

    岩瀬 聡 Satoshi Iwase 3年前

    『母子鶴』(大映・1952年)。三益愛子さん42歳、若尾さんは19歳!戦争の混乱で引き裂かれた母子の悲しい物語ですが暖かいエンディングでした。若尾さんの父親役がミラーマンの御手洗博士(宇佐美淳也)だったとは!妹役の江利チエミが歌う「ワンダフル娘/母子鶴」のSP盤あるんですね。"
  • Yoshiko Tsuge

    Yoshiko Tsuge 3年前

    若尾文子映画祭にて「母子鶴」メモその2。江利チエミが通う青山音楽院の生徒たちが、憧れは巌本真理と語っていた。ちょっとしたセリフに時代を思う。三益愛子の母ものでは、他に「山猫令嬢」で若き朝比奈隆と関西響のお宝演奏シーンがあったなあ。"
  • rightwide

    rightwide 3年前

    #1206 角川シネマ新宿「母子鶴」。1952年製作の小石栄一監督作品。川口松太郎の原作を妻の三益愛子が演じるいわゆる「母もの」の一本で、娘役の江利チエミの歌声も楽しめる。江利の姉役が若尾文子で助監督に増村保造がつく「死の街を逃れて」と同様の布陣は、将来の名コンビの習作ともとれる"
  • 侘助

    侘助 3年前

    若尾文子映画祭で母子鶴を観ましたが、若尾は脇役で三益愛子と江利チエミを軸にした母ものシリーズの歌謡メロドラマ。言ってしまえばこれぞ通俗の極みという映画で、三益や江利がピーピーメソメソと泣いてばかりいて、人物の心情を歌が代弁する作りには呆れるほかありませんが、終了時に拍手する輩も。"

三益愛子の関連著書

女優一覧

女優偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング