三東洋の出身高校

三東洋

三東洋 プロ野球選手

三東 洋(さんとう ひろし、1978年10月7日 - )は、島根県鹿足郡津和野町出身の元プロ野球選手(投手)。

津和野中学校時代は外野手兼任。益田東高校の野球部3年時は夏の島根大会でそれまでの奪三振記録を塗り替えた。第78回全国高等学校野球選手権大会に出場。

高校卒業後駒澤大学に進学するも肩とひじを相次いで手術し、通算2勝に止まる。その後社会人のヤマハに入社。チームでは歌藤達夫らに次ぐ控え投手だった。2002年のドラフト6巡目で阪神タイガースに入団。津和野町出身者初のプロ野球選手となった。

ルーキーイヤーの2003年7月13日のフレッシュオールスターゲームでは、2点リードの8回に登板したが、一死満塁のピンチを招いて今江敏晃(ロッテ)に走者一掃の逆転タイムリースリーベースを浴びてしまい、スリーランホームランを放った喜田剛のMVP(チームが勝利すれば確定と言われていた)を消してしまった(結果的に今江がMVPを獲得)。7月31日の横浜戦で初登板。牽制でランナーを刺すなど上々のデビューを飾る。

2004年8月22日のヤクルト戦でプロ初先発・初勝利。初勝利の試合ではプロ入り初打席でタイムリーを記録した。

2005年、2006年と一軍での登板がなかったが、2007年は井川慶がメジャー挑戦のため移籍退団し、能見篤史、江草仁貴らとともに先発ローテーションに入るサウスポーとして期待される。しかし、肩の故障は癒えておらずオープン戦中に故障を再発させてしまい、同年も一軍登板が無いまま10月5日、球団より戦力外通告を言い渡される。現役続行の意思はなく、現役引退を表明。最後まで敗戦投手になることはなかった。

情報サイトの企画、運営などを手がける企業の広報担当に転身。その後、神戸市内にオーダーメイドトレーニング施設をオープン、代表を務める。2015年7月より、神戸市内のオーダーメイドトレーニング施設の近くに、鍼灸整骨院をオープン。

一塁牽制が上手い投手。

三東洋の出身高校

三東洋出身高校
国立東高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3980位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1978年10月7日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング