三木卓の出身高校

三木卓

三木卓 作家

三木 卓(みき たく、1935年5月13日 - )は日本の詩人、小説家。本名、冨田三樹。東京都に生まれるが、新聞記者だった父に連れられて一家で大連に移住、幼年期を過ごす。しかし敗戦で引き揚げを余儀なくされ、帰国途中で父、祖母らを亡くす。この時の体験が三木文学の根底をなしている生死の影の濃いエロティシズムの遠因と思われる(この辺りの情景は「砲撃のあとで」「ほろびた国の旅」に詳しい)。帰国後は静岡県に育ち、母子家庭の貧困と左足の障害に苦しみながら、静岡県立静岡高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業(この少年期の記憶を辿った連作が「はるかな町」である)。就職の後、江東区に居を構え、1967年に詩集『東京午前三時』でH氏賞、1970年に詩集『わがキディ・ランド』で高見順賞受賞。ロシア文学の翻訳も手がける。

三木卓の出身高校

三木卓出身高校
静岡高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
作家ランキング
128位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1935年5月13日生まれ

三木卓の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

三木卓の評判・つぶやき

  • 難読文系エフェクトbot・改

    難読文系エフェクトbot・改 2年前

    Q64.1973年に芥川賞を受賞した三木卓の小説です【鶸】A.ひわ"
  • 文系ごちゃまぜ

    文系ごちゃまぜ 2年前

    【エフェクト】1973年に芥川賞を受賞した三木卓の小説です [鶸] ひわ"
  • たこつぼ@やる気のないB級臣民

    たこつぼ@やる気のないB級臣民 2年前

    震える舌は、三木卓だったっけ"
  • 書き出したん

    書き出したん 2年前

    【鶸(ひわ)*三木卓】その兵士は肩から吊るしている自動小銃をゆすりながら近づいて来、台の上にならべられた煙草の前まで来ると、無造作に手を伸ばして一箱ずつポケットに入れはじめた。(第69回芥川賞受賞)"
  • 書き出したん

    書き出したん 2年前

    《芥川賞第67~70回受賞者及び受賞作》第67回 - 畑山博「いつか汽笛を鳴らして」、宮原昭夫「誰かが触った」第68回 - 山本道子 「ベティさんの庭」、郷静子「れくいえむ」第69回 - 三木卓「鶸」第70回 - 野呂邦暢「草"
1 2 3 4 5 6 7 8 次のページ » 

三木卓の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング