三上於菟吉の出身高校

三上於菟吉

三上於菟吉 作家

三上 於菟吉(みかみ おときち、1891年2月4日 - 1944年2月7日)は、大正・昭和時代の小説家。大衆文学の流行作家となり、文壇の寵児と呼ばれた。代表作に『雪之丞変化』など。妻は作家の長谷川時雨。活躍期にはその作風から「日本のバルザック」とも呼ばれた。

埼玉県中葛飾郡桜井村生まれ(現在の春日部市)。代々儒医(漢方医)家業で、祖父はまた漢詩人大沼枕山門下の詩人でもあった。旧制粕壁中学校(現在の埼玉県立春日部高等学校)を経て田山花袋に私淑。父純太郎も於菟吉を医師に進ませようとしたが、中学校時代から文学少年となり白夜のペンネームで『文章世界』『中学世界』などに投稿していた。

早稲田大学英文科予科に入学し、広津和郎や谷崎精二らと交友を持ち、ロシア文学で片上伸に認められて「片門十哲」の一人とも言われた。同級の宇野浩二らと同人誌『しれねえ』を創刊するが、三上の「薤路歌」が風俗壊乱として発禁になり、1号で終刊する。また神楽坂の馴染んだ芸者を連れ出したことで脅される騒ぎとなり、父により退学させられて帰郷、実家で謹慎生活を強いられる。この間、ダヌンチオやスタンダールの詩の翻訳や、短篇小説を『早稲田文学』に発表した。

父が死去して家業を継いだが、これを整理して1914年に上京し、翌1915年に長篇小説『春光の下にー又はゼ・ボヘミアン・ハウスの人々』を自費出版した。この作品は朝鮮独立運動に触れたところがあったために発禁処分となったが、この出版を機に『講談雑誌』編集長だった生田蝶介に目をつけられ、水上藻花などのペンネームで外国小説の翻案を博文館や講談社で発表するようになり、谷崎精二と『モンテ・クリスト伯』を共訳する。 1916年には『講談雑誌』に本名で「悪魔の恋」を連載し、薄幸の女性を描く通俗小説の筋に西洋小説的な心理描写を織り交ぜて好評となった。また『春光の下に』を献呈された12歳年長の女流作家長谷川時雨が三上に手紙を書いて知り合い、やがて同棲するようになる。

1921年に『時事新報』に虚無的な青年の遍歴を描いた「白鬼」を連載し、新進作家として注目を浴びる。1925年には『週刊朝日』で、ジョンストン・マッカレー『双生児の復讐』のプロットを下敷きにした復讐もので初の時代小説「敵討日月双紙」を連載、時代小説作家としても名を上げ、続いて『鴛鴦呪文』『妖日山海伝』『神文美少年録』『淀君』『清河八郎』などを発表、斬新な筋立てと絢爛たる文体で一躍文壇の寵児となる。1934年から東京朝日新聞に連載した『雪之丞変化』は三上の代表作となった。連載中から衣笠貞之助監督、伊藤大輔脚本によって映画化され、林長二郎(のちの長谷川一夫)が3役で主演し、佐藤惣之助が作詞した主題歌「むらさき小唄」がヒット、のちのちまで大衆演劇のレパートリーとなった。加藤武雄、中村武羅夫と並んで「多産流行作家の三羽烏」とも言われ、1935年には『長編三人全集』が刊行された。

満州事変勃発直後の1931年10月に東京日日新聞に詩「日本人の歌」を発表し、文学ファッショのはしりと呼ばれ論議を巻き起こした。1932年には直木三十五が「文芸院」を創設するのに参加する。

長谷川時雨は、当初は三上を世に出そうとして様々に骨折りしたが、1928年に『女人藝術』を創刊した際には三上の原稿料によって出資するなど、廃刊までの4年間の支援をした。またこれに連載した林芙美子の原稿を『放浪記』に改題したのも三上だった。流行作家時代の三上は放蕩、浪費し、作品のほとんどを待合で書いたとも言われるが、時雨は「三上さんは、あのやり方でなくっては書けないのです。」と言って認めた。また時雨は「三上さんはえらい。凄い」とも言い続け、三上の時代小説の考証でも時雨は貴重な協力者となった。

1935年にはサイレン社を興し、時雨の『近代美人伝』を刊行した。また同年の直木三十五賞制定では選考委員となる。

1936年に三上は愛人宅で倒れ、右半身麻痺となる。時雨は自宅近くに家を借りて愛人を看病に付き添わせたが、愛人は4ヶ月で郷里に帰す。当時三上が新聞に連載中だった「日蓮」は時雨が書き継いだが、それまでも三上が連載に穴をあけそうになると時雨が代筆していたという。

1940年には『三上於菟吉全集』全12巻が刊行。時雨は1941年に過労で倒れて急逝。戸籍上は最後まで内縁関係のままだった。三上はその後の空襲激化のために療養を兼ねて郷里に疎開し、1944年に血栓症の悪化で死去した。

原作を換骨奪取したものとしては『敵打日月双紙』の他に、オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』を「元禄若衆」、ユゴー『エルナニ』を「戦国英雄」などがある。直木三十五の死去時に『読売新聞』連載中だった『相馬大作』を引き継いで完結させている。

三上於菟吉の出身高校

三上於菟吉出身高校
春日部高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
作家ランキング
128位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1891年2月4日生まれ

三上於菟吉の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

三上於菟吉の評判・つぶやき

  • タカラ~ム

    タカラ~ム 3年前

    「女性蔑視」というよりは、美人で年上の才媛と結婚した三上於菟吉に対する羨望からくる戯言である 『長谷川時雨が卅歳若かつたら/直木三十五』 #本が好き"
  • えみりん

    えみりん 3年前

    @requ8 三上於菟吉"
  • 辻潤bot

    辻潤bot 3年前

    「根津権現前より」藤沢清造 これだけ読んでも、藤沢君のいじらしさはすぐと響いてくる。いい素質を持った人だ。忘れもしない藤沢君を初めて知ったのは、三上於菟吉のところだった。何かのキッカケから於菟吉が「根津権現裏」を見せてくれた。僕はその頁をパラパラと繰ってすぐ直感的に認めてしまった"
  • 青空文庫偶然短歌bot

    青空文庫偶然短歌bot 3年前

    さも無いとことに於いては、この破邪の杖が、ずうんと、飛んでゆくぞよ (三上於菟吉 『雪之丞変化』より) #aozoratanka"
  • 帝炉3 LCDM

    帝炉3 LCDM 3年前

    作家・長谷川時雨を妻に持った明治生まれの作家です三上於菟吉(文エフェ)→みかみおときち"

三上於菟吉の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング