イモトアヤコの出身高校

イモトアヤコ出身高校
米子西高校 偏差値
鳥取県高校偏差値ランキング
お笑い芸人ランキング
184位/405人中(お笑い芸人)
性別
男性
血液型
O型
お笑い芸人別偏差値ランキングを見る

イモトアヤコ(1986年1月12日 - )は、日本のお笑いタレント、写真家である。本名は井本 絢子(いもと あやこ)。愛称は珍獣ハンター・イモト。鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)出身。ワタナベエンターテインメント所属。

2003年、鳥取県立米子西高校3年生の時に学校祭のミスコンテストでグランプリとなり、同時に劇の主演女優賞、エンターテイナー賞など数々の賞を受賞する。大学は早稲田大学を受験したことがあったが、こちらは不合格となり、2004年、文教大学情報学部に進学した。

大学3年の時にWCS3期生としてに入所し芸能界入り。フォーリンラブ結成前のバービーと「東京ホルモン娘」というコンビを組んで活動していた時期があり、このコンビで2006年のM-1グランプリに出場したことがあった(この当時、所属は「アマチュア」の表記)。

その後イモトが、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』で珍獣ハンターとしてレギュラーパーソナリティのオーディションに合格。長期ロケに出たこともあってコンビは自然消滅したという。

『世界の果てまでイッテQ!』の珍獣ハンターの企画で一躍注目を浴びる。イモトの父は娘がコモドドラゴンに追いかけられているのをテレビで見て初めて芸人になったことを知った。芸人になることに反対していた父はこれを心配し、「鳥取に帰って来い」と言ったという。しかし後に両親は芸人という職業を受け入れており、イモトが掲載された雑誌などの切り抜きを集めている。ハモネプリーグ(フジテレビ)の2007年9月18日に「高木ブーとキャンプ」(文教大学所属)にイモトとして参加。Cブロック最低点で敗退。しかしイモトのキャラクターはすでに確立しており、一番観客の笑いをとったステージだった[7]。

2008年、文教大学情報学部広報学科卒業。2008年当時は友人女性と共に東京在住[8]。

2009年8月29日・30日放送の、日本テレビ系『24時間テレビ32』のチャリティーマラソンランナーに選ばれ、女性ランナーでは(男性も含めば2009年時点での)最年少で最長距離(126.585 km フルマラソン3本分)を完走[9]。この日は第45回衆議院議員総選挙のため、放送終了時間までの完走はできなかったが、21時12分に完走を果たした。イモトのゴールは選挙特別番組「ZERO×選挙 2009」内で22時から録画放送された。

2009年10月、11月10日開幕のグラチャンバレーの応援スペシャルサポーターに就任。

2010年11月にTBSテレビで放送された『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』で、女優として出演した。

2013年10月2日、『イッテQ』の企画により、世界8位の高峰マナスル登頂に成功する[10]。

写真家として個展も開催している。同郷の鳥取県出身の写真家・植田正治を尊敬しており、2013年7月には植田正治写真美術館「植田正治生誕100年特別企画展 SHOJI UEDA:DUNES」を訪れテレビPRも行った。また、2014年10月から11月にかけて植田正治写真美術館で自らが世界各地で撮影した美しい風景や現地の人々の姿など計50点を展示する写真展「地球の絶景珍景写真展」が開催される[11]。

イモトアヤコの関連人物

お笑い芸人偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

イモトアヤコの評判・つぶやき

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 228

お笑い芸人一覧

お笑い芸人偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング