イジリー岡田の出身高校

イジリー岡田

イジリー岡田 お笑い芸人

イジリー岡田(イジリーおかだ、1964年9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレントである。本名、岡田 昇(おかだ のぼる)。

東京都出身。ホリプロ所属。実家は埼玉県さいたま市浦和区。浦和実業学園高等学校卒業。身長170cm、体重76kg。

高校生の頃からお笑いが大好きで、萩本欽一に憧れ「第6回全日本仮装大賞」に友人の代役として出場する。 東放学園専門学校在籍時代にカメラアシスタントのアルバイトで、番組制作に携わるが辛さに耐えかねて辞めてしまう。萩本欽一に憧れていたこともあり、小堺一機、関根勤の下積み時代のライブにも裏方のアルバイトとして参加経験がある。素人時代に出場したフジテレビ系列『発表!日本ものまね大賞』での敢闘賞獲得が認められ、ホリプロにスカウトされる。高校時代の友人の奥山を相方に誘い、1987年にキッドカットを結成。ホリプロお笑い部門第1号として、多くのバラエティ番組オーディション大会で優勝するなどの実績を残し順風満帆に思えたが、生放送に寝坊を繰り返すといった相方の遅刻癖が事務所で問題になり解雇に追い込まれ強制的にコンビは解散。1990年からピン芸人として活動を始める。

コンビ時代からホリプロ所属のアイドルイベントで前説や司会を担当していたことから、学習研究社(現・学研ホールディングス)の雑誌『Momoco』においてデビュー直後のアイドルと対談するコーナー連載が決定する。そこでペンネームを命名しようということになり、客いじりが上手いから『イジリー岡田』、連載のタイトルも『イジリー岡田のアイドルいじり』に決まる。最初はあくまでペンネームのみであったが、当該コーナーの人気が上昇すると所属事務所もその気になり、「お前、明日から『イジリー岡田』だぞ。問題ないよな?」と上司から電話で一方的に通告されて正式の芸名が決定してしまう。イジリーは「問題大ありですよ。そんな最低な名前、嫌に決まっているじゃないですか」と当時を振り返る。

強制改名して数週間後、ゴールデン帯進出を狙うための足掛かりに、深夜お色気番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系列、1991年 - 1998年、土曜25時15分 - 26時10分)のレギュラーに抜擢される。萩本欽一を尊敬し、後輩には「下ネタとか、裸になって笑いを取るのは卑怯だ。オレは一生下ネタなんて認めないし、やらない」と下ネタ嫌いを公言していた本人の気持ちとは裏腹に、憂木瞳と共演した「夜食バンザイ」や高速ベロが生まれた「ギルガメ治療院」などのセクシー企画が大ヒット。裏番組のアルベールビルオリンピック開会式に勝利するなど、深夜枠にも関わらず平均視聴率5%超、最高視聴率9.4%というテレビ東京のゴールデンタイムを上回る脅威的な人気を得る。結果として番組は6年半も続き、イジリーは自他ともに認める「日本一のエロタレント」のジャンルを確立することになる。

『ギルガメ』終了後は、ホリプロの命令で下ネタの封印、子供向け特撮番組への出演やHiPのイベントの司会を務めるなどのイメージ改革に取り組むが、2001年に『FNS ALLSTARS27時間笑いの夢列島』深夜枠『裏めちゃイケ』で冒頭から陰核を連想させるギャグを連発する型破りな司会ぶりを契機に、本格的なエロ芸解禁となった。

2008年3月、新潟県のスキー場で日本テレビ系列『ものまねバトル47! そっくり軍団大集合オール新ネタ春祭り』のロケ収録中に、ドラマ『薔薇のない花屋』のエンディングでの竹内結子のものまねをして右肋骨と右足首を骨折。(全治三ヶ月)。その後のスタジオ収録には松葉づえで臨んだ。その状態で名古屋テレビ(メ〜テレ)制作『さまぁ〜ずげりらっパ』「スーパースローで見てみよう!」コーナーの撮影に参加し、スーパースローカメラにより高速ベロ(後述)が秒間18回であることが確認された。

基本的にはしゃべりやものまねを得意とするタレントである。『ギルガメッシュないと』に出演していたこともあり、「イジリー」という芸名は卑猥な印象を与えるが、「イジリー」は上述のとおり「素人いじり」「客いじり」(=観客などをネタにして笑いをとること)が上手いことから名付けられた芸名である。ちなみに、NHKではこの芸名は使えずに、本名の岡田昇で出演することが多い。『ギルガメ』出演時は、フジテレビ系列の『ものまね王座決定戦』に出たがっていたと言われるが、2010年時点では日本テレビ系列の『ものまねグランプリ』に出演中。

また、「劇団東京アンテナコンテナ」に所属し、舞台活動などや、同劇団の若手公演の脚本・演出も行っている。

三沢光晴のものまねをすることからも分かるようにプロレスファンとしても知られ、2005年7月18日に開催された『プロレスリング・ノア 東京ドーム大会』には弟と来場した。また、 2006年3月21日に開催された全日本プロレスのファン感謝デー興行で、三沢光晴に扮して小島聡とタッグを結成。武藤敬司・神奈月(神奈月は武藤敬司に扮して登場)と本物のプロレスの試合を行った。

インターネット番組『内村さまぁ〜ず』に初めてゲスト出演した際、ダジャレが大の苦手であることが露呈した。その後、ゲスト出演した際にはリベンジ企画が行われたが、結果は惨敗であった。

好きな女性のタイプ1位は、好物であるチャーハンを上手に作れる人である。ちなみに2位はたれ目。

出演したテレビ番組で、自分の学生の頃の写真を出されて「元祖アキバ系だから」と発言していた。

イジリー岡田の出身高校

イジリー岡田出身高校
浦和実業学園高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
お笑い芸人ランキング
139位 / 405人中 お笑い芸人別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1964年9月23日生まれ
血液型
A型

イジリー岡田の関連人物

お笑い芸人偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

イジリー岡田の評判・つぶやき

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 86

お笑い芸人一覧

お笑い芸人偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング