はいだしょうこの出身高校

はいだしょうこ出身高校
国立音楽大学附属高校 偏差値
東京都高校偏差値ランキング
タレントランキング
1106位/2188人中(タレント)
性別
女性
タレント別偏差値ランキングを見る

はいだ しょうこ(1979年3月25日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。本名、拝田 祥子(読み方同じ、苗字は旧姓)。宝塚歌劇団での芸名は千琴 ひめか(ちこと ひめか)。

歌劇団在団時の愛称は「ショーコ」。東京都立川市生まれ、隣の国立市で育つ。東宝芸能→ホリプロ所属。身長158cm。

父は前国立音楽大学准教授で、現ミュージカルアカデミー ドリーム学院長、国際ディオ協会会員、立川市地域文化振興財団評議委員の拝田正機。母は声楽家で、ミュージカルアカデミー ドリーム声楽コース講師。姉は薬剤師で、はいだ曰く「歌う薬剤師」で、はいだのソロCDにコーラスで参加したり、コンサートにゲスト参加したこともあり、はいだのブログにもたびたび登場している。

父の仕事の都合で幼少期の2年間はニューヨークで過ごす。その間、3歳の時にニューヨーク在住の日本人の子供を集めて歌を歌うというテレビ局の企画で人生初のテレビ出演を果たす。

桐朋学園小学校在籍時には「全国童謡コンクール」でグランプリ賞受賞。またこの間、9歳から中田喜直に師事し(「中田喜直の最後の愛弟子」と言われている)、童謡・ポップスを学び、この頃から童謡歌手としてコンサート活動を行っていた。桐朋女子中学校から国立音楽大学附属高等学校に進学。

高校2年生の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格。1998年に音楽学校を卒業後『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団(84期)。宝塚音楽学校卒業時には「オペラ部門主席/ポピュラー部門最優秀歌唱受賞」を受賞。同期には遠野あすか、白羽ゆり、音月桂、桐生園加らがいる。宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏み、組み回り出演を経て 星組に配属。主に娘役として活躍したが、いわゆる『トップ』(主役)の経験はない。

2001年には星組公演『ベルサイユのばら2001』で、通常最低でも6年目以上でないと務められないとされるエトワール[7]を異例の入団3年目で務めた。2002年秋、宝塚歌劇団を退団。

その後、2003年4月7日から2008年3月28日までの5年間、NHKの未就園児向け番組『おかあさんといっしょ』の第19代目うたのおねえさんとして活躍した。宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんは第8代目の森晴美以来となる歴代2人目。就任時に「たくさんの子供達に自分の名前を覚えてもらいたい」という理由で、芸名を本名(のひらがな表記)の『はいだしょうこ』に戻した。番組で共演したうたのおにいさんは第10代目の今井ゆうぞう。共演したたいそうのおにいさん、おねえさんは、最初の2年間は佐藤弘道ときよこ(当時:タリキヨコ)、その後の3年間は小林よしひさといとうまゆ。5年間の在任期間は、三谷たくみの7年(2015年4月現在)、神崎ゆう子と茂森あゆみの6年間に次ぐ歴代4位の長さ。。

うたのおねえさん卒業後はソロ歌手・タレントとして活躍中であるが、「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサート[8]やぐ〜チョコランタンのファミリーコンサート・NHKの子供番組キャラが集合したコンサート [9]やバラエティー番組等にも出演している。

前述の通り宝塚歌劇団出身ではあるが、宝塚の所属期間が4年間と比較的短く、主役である「トップ」の経験がないこと、宝塚退団後に芸名を(全てひらがな表記ではあるが)本名に戻していること、「おかあさんといっしょ」への出演経験等から、『元・宝塚(タカラジェンヌ)』よりも『元・うたのおねえさん』や『しょうこおねえさん』と呼ばれることの方が圧倒的に多く、最近では宝塚に在籍していたことを知らない人も多い。また、宝塚出身の芸能人では数少ない「退団後に宝塚在籍時の芸名を使用していない芸能人」である。

「うたのおねえさん」のオーディションは、宝塚歌劇団を退団した直後に童謡歌手時代に共演した女性歌手から、『うたのおねえさんのオーディションが今行われている』と言う話を聞いて受験した。最終選考ではいだを含めて6人残った受験者が控室で次の選考に向けて準備をしている際、ある受験者が課題の歌の歌い方を他の受験者に聞いて回っていた(この時の事に関して「おかあさんといっしょ」卒業後にはいだは民放のTV番組で「審査員の人が最終選考の控室の中にいたらしい」と言う発言をしており、この受験者が実際には審査員で受験者のダミーとして紛れていた可能性を示唆している)。当然ながら他の受験者は自分の練習を優先させていたが、はいだだけが自分の練習を止めてその受験者の練習を手伝った。その事がうたのおねえさんとして選ばれる決め手になった。

「うたのおねえさん発表の記者会見でNHKに行く際、タクシーの運転手に行き先を聞かれ『うたのおねえさんまで』と答え、その記者会見で記者に今後の目標を聞かれ『世界平和』と答えた」、親友のかまだみきに「好きなサッカー選手を聞かれ『新庄』と答えた」、「魚のスズキを『ササキ』と言ってしまった」など多数の天然キャラとしてのエピソードがある[10]。また「笑っていいとも!」出演時[11]には会場を大爆笑させた。

『お茶の間の真実〜もしかして私だけ!?〜』(テレビ東京)では、2歳のころから現在でも愛用しているヒツジのぬいぐるみ(メーメーちゃん)を抱いて、長年の使用により染み込んだヨダレの臭いを嗅がないと眠れないというエピソードが紹介された。このぬいぐるみは幼少時のニューヨーク在住中に両親に買ってもらったもので、はいだのブログのタイトルやバックバンド名はこのぬいぐるみから来ている。

一輪車には乗ることができる(TV番組で、マカオタワーの頂上を命綱を付けて一周したことがある)が、自転車には乗れなかった。『おかあさんといっしょ』のオーディションでその話をしたら審査員の人に笑われたが、本人はその時なぜ笑われたのか解らず、その時は「(審査員の人達に)笑われたし、これで(オーディションは)落ちたなと思った」と語っている。その後、自転車はTV番組の中で実家が自転車屋の木梨憲武の指導を受けて乗れるようになった。

アルコール類は全く飲めない。

うたのおねえさんを務めていた当時、佐藤弘道からは「子供を黙らせる絵を描かせたら日本一」と評された。さらに両親からも「人前で絵を見せることだけはするな」と釘を刺されていたが、結局仕事上で描かざるを得なくなった[12]。

2006年4月28日には「おかあさんといっしょ」の番組内で同番組の当時のマスコットキャラクターだった『スプー』の絵を絵描き歌で描くことになり、歌いながらスプーの絵を描いたが、はいだが描いたスプーは本来のスプーのデザインとはかけ離れたイラストとなっていた。その時に一緒に絵を描いたうたのおにいさんの今井ゆうぞうは、歌が終わってはいだの絵を見るなり堪え切れない様子で笑い出し、「しょうこお姉さんも、上手ですねー!」という言葉は辛うじてかけたものの、笑いを抑えられなくなっていた(スプーのえかきうた騒動)[13]。はいだの旧公式ブログのバナーには、この時に描かれた「スプー」のシルエットが用いられていた。[14][15]。

これをきっかけにはいだの絵に注目が集まり、イラスト関連の仕事もこなすようになった。『お茶の間の真実〜もしかして私だけ!?〜』に出演した際は、番組内でスヌーピーの絵を披露した[12]。2008年には、オンラインゲーム会社のジークレストが、自社のキャラクター「ココロ」をはいだに模写させ、そのイラストをゲーム内のアイテムとして配布するキャンペーンを行った[16]。ジークレスト側は「はいださんは主婦層の人気が高く、新しいユーザーの獲得にも寄与できるのでは」[17]としており、はいだのイラストをデザインしたTシャツのプレゼントなども実施した。また、はいだは、ゲーム内のアバターの衣装デザインなども手がけている[18]。

アルバム

シングル

はいだしょうこの関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

はいだしょうこの評判・つぶやき

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 64

タレント一覧

タレント偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング