ながのけんしおじりしがくかんこうとうがっこう

桔梗ヶ原高校  偏差値

桔梗ヶ原高校(ながのけんしおじりしがくかんこうとうがっこう)は、長野県塩尻市に所在する公立高校である。孔子の『吾十有五而志于学』(吾十有五ニシテ学ニ志ス)に基づく。論語全20編中の第2編である「為政」に収録。孔子の言う「学に志す」とは単に入学試験・就職試験のための勉強のような一過性の学習のみにとどまらず、一生涯かけて追究する学問の道のことを指している。また第15編である「衞霊公」で孔子は、人生を切り拓くためには「学に志す」ことが第一であるという。地元の学生の間で使われている芋高(イモコウ)と言う愛称は、南部乙種農学校であったころ、他校の生徒と喧嘩になった当校の生徒が、自校の農園で栽培された芋を投げつけたことが始まりとされている。

偏差値
35
全国偏差値ランキング
4231位 / 4321校 高校偏差値ランキング
長野県偏差値ランキング
143位 / 148校 長野県高校偏差値ランキング
長野県県立偏差値ランク
114位 / 118校 長野県県立高校偏差値ランキング
住所
長野県塩尻市広丘高出4-4 長野県の高校地図
県立/私立
公立

桔梗ヶ原高校入学難易度 1.8

桔梗ヶ原高等学校を受験する人はこの高校も受験します

桔梗ヶ原高等学校と併願高校を見る

桔梗ヶ原高等学校に近い高校

桔梗ヶ原高等学校 参考書 過去問題集

桔梗ヶ原高等学校の参考書一覧