ひろしまけんりつふくやませいしかんこうとうがっこう

福山誠之館高校  偏差値

福山誠之館高校(ひろしまけんりつふくやませいしかんこうとうがっこう)は、広島県福山市木之庄町六丁目に位置する総合学科の県立高等学校である。1854年(安政元年)備後福山藩主阿部正弘が身分主義の藩校だった「弘道館(備後福山藩)弘道館」を廃止し、様々な人材を身分に関係なく求めるために学制改革の末「誠之館」を創設した。その後、「広島県福山中学校」など、何度か名前を変えているが、近代日本の発展に貢献する珠玉の人材を輩出した。特に、備後国備後地方が誠之館によって受けた恩恵は計り知れないほど大きく、明治維新後不遇の地だった福山を備後地方の中心都市、また中核市に成長させる原動力となった。その後の県立高校の制度改革等により、進学校としての位置付けは近隣の広島大附属福山高校に譲る形となっているが、それにより当校の果たした歴史的貢献が変容されるべきものではない。

偏差値
62 (総合科)
全国偏差値ランキング
675位 / 4321校 高校偏差値ランキング
広島県偏差値ランキング
13位 / 105校 広島県高校偏差値ランキング
広島県県立偏差値ランク
9位 / 91校 広島県県立高校偏差値ランキング
住所
広島県福山市木之庄町6丁目11-1 広島県の高校地図
最寄り駅
公式サイト
福山誠之館高等学校
種別
共学
県立/私立
公立

福山誠之館高校入学難易度 3.96

福山誠之館高等学校を受験する人はこの高校も受験します

福山誠之館高等学校と併願高校を見る

福山誠之館高等学校の卒業生・有名人・芸能人

職業から有名人の出身・卒業校を探す

福山誠之館高等学校に近い高校

福山誠之館高等学校 参考書 過去問題集

福山誠之館高等学校の参考書一覧