とうかいだいがくふぞくぼうよう

東海大学付属望洋高校  偏差値

東海大学付属望洋高校(とうかいだいがくふぞくぼうよう)は、千葉県市原市の中部に位置する東海大学付属の私立高等学校。学校法人東海大学。全国に14校ある東海大学付属高校のひとつで、東海大学独自の「高校現代文明論」という授業を中心に各教科が展開されるのが特徴。1883年に「女子独立学校」として東京都新宿区各筈に開校し、1910年に「精華高等女学校」と改称、戦後は「精華女子高等学校」となって、1973年に現在地に移転した。1974年に運営母体である学校法人精華学園が学校法人東海大学と提携し、東海大学創立者である松前重義が理事長に就任、翌1975年に「東海精華女子高等学校」(校長鈴木哲子)、1977年には「東海大学精華女子高等学校」に校名を変更した。1986年には男女共学化に伴い校名を「東海大学付属望洋高等学校」に変更し、現在に至る。

偏差値
57
全国偏差値ランキング
1171位 / 4321校 高校偏差値ランキング
千葉県偏差値ランキング
54位 / 163校 千葉県高校偏差値ランキング
千葉県私立偏差値ランク
24位 / 43校 千葉県私立高校偏差値ランキング
住所
千葉県市原市能満1531 千葉県の高校地図
最寄り駅
公式サイト
東海大学付属望洋高等学校
生徒数
778人
種別
共学
県立/私立
私立

東海大学付属望洋高校入学難易度 3.56

東海大学付属望洋高等学校を受験する人はこの高校も受験します

東海大学付属望洋高等学校と併願高校を見る

東海大学付属望洋高等学校の卒業生・有名人・芸能人

職業から有名人の出身・卒業校を探す

東海大学付属望洋高等学校 参考書 過去問題集

東海大学付属望洋高等学校の参考書一覧